2021-07-17

夏場に多い ソールの剥がれ

九州北部地方も梅雨が明け、これから厳しい暑さとの戦いになりますね。
最近の修理で圧倒的に増えてきたのが靴やサンダルのソールの剥がれです。
靴に使われている接着剤は熱に弱く、保管場所によっては寿命に大きな違いがでてきます。
特に車のトランク等に入れっぱなしだと高温で風通しが悪く全ての条件が悪くなり、
劣化のスピードが一段と早くなりますので湿気が少なく風通しのいい場所で保管しておくことをお勧めします。

接着の修理は結構難しく、剥がれた箇所に残っている接着剤の上に新しい接着剤を塗って
貼り合わせても接着力が弱くまたすぐに剥がれてしまいますので
お店で預かった靴は付着している古い接着剤を剥がして(これが大変なんです…)
素材に合った接着剤を選んで修理をしています。
もしソールが剥がれても自分で無理して修理せず近くの修理店にお願いした方が後々良いかと思います。
よくアロンアルフア等の瞬間接着剤で貼り合わせる方がいらっしゃいますが、
これをやられると接着面がお煎餅のようにカリカリになり
最悪修理不可能になりますので注意してください。
車のトランクに靴を入れているあなた!早めに確認してくださいね。

ホーム » ブログ » 夏場に多い ソールの剥がれ
PAGE TOP